工場

数多くの製品を規格通りに綺麗に形造るには離型剤の使用が必須

金属部品

プラスチックやゴム製品を大量生産する際の要件の一つは、規格品として全ての製品が品質の上でバラつきのないものを作ることです。形状にもバラつきは許されず、基本的には、金型という型を使って製品の形造りをすることで、一定のサイズ・形の製品を作ることができます。しかし、金型だけでは、この要請に完全に応えることはできません。それは、素材が金型にくっついてしまうためで、ムリに金型から分離しようと力を加えると、製品の形が変わってしまうリスクがあります。
そこで、離型剤の出番となります。ことに、フッ素コーティングの仕組みを離型という作業に上手く活用したフッ素系の離型剤は、ごく軽い力で金型と成形物を剥がすことが出来ます。それだけではなく、フッ素系離型剤は、離型剤を使用するときによく発生するメヤニを抑制できるという特徴を備えています。成形物を金型から取り出すにも、細心の注意を払わなければなりませんが、メヤニのように余計なものが付着してしまうと、これを除去するのに同じくらい神経をつかいます。
現場としては、成型・離型以外の余計な作業に時間を使いたくないですし、製品破損リスクも最小限にしたいところです。その点、メヤニが出来ないフッ素系離型剤は、プラスチックやゴム製品を綺麗に形造るという目的に照らして、最適の薬剤と言えるでしょう。