工場

綺麗に形造るのが困難なシリコン製品には離型剤を使おう

大型の機械

シリコン製品は、製品としての完成品も部品として使われているものも非常に多いです。いずれの場合も、複雑な形状のものやスリムなもの、細く尖ったものも多いですが、こうした製品は、総じて成形が非常に難しいです。しかし、フッ素コーティング剤を含むフッ素系離型剤を成型作業の際に使えば、さほど困難に悩むこともなく、綺麗に成形することが出来るはずです。
成形が失敗する要因は、大きくわけて二段階あります。第一段階は、成形物を金型から取り出す際で、離型剤の効き目が悪かったり、塗布量が少なくて十分な効果が発揮されず、シリコンが金型にくっついてしまう場合です。第二段階は、取り出しに問題がなくても、成形物にメヤニなどの余計な付着物が出来てしまい、これを除去するところで成形物にダメージを与えてしまう場合です。フッ素系離型剤を使えば、この両方の段階で直面する課題をクリアすることが可能です。
フッ素コーティングの非粘着性を応用しているフッ素系離型剤は、薄い塗膜でも離型効果は確実ですし、メヤニの生成を抑制できるというメリットもあります。メヤニは、生じさえしなければ、製品破損のリスクを冒して除去する必要もないわけです。成形が難しいタイプのシリコン製品を作るなら、フッ素系離型剤を使えば一番安心でしょう。