工場

引火性のない離型剤を使う方が現場は安心

工場で働く人々

離型剤はいくつか種類があるため、自社で使うものを購入する際には、コストや離型効果の程度などを確認して最適なものを選択することになります。その際、離型剤を大量に現場で使うことを念頭に置いて、安全性への配慮も忘れないように気を付けましょう。
成分にフッ素コーティング剤を使った離型剤で、フッ素系離型剤という製品がありますが、作業現場の安全性を考えれば、不燃性溶剤を使った引火性なしのフッ素系離型剤を選ぶのがおすすめです。もともと、フッ素系離型剤は、現場で塗布しやすいスプレータイプのものがあったり、メヤニ発生を抑制できることが良く知られており、現場で利用しやすい離型剤として人気です。
特に、メヤニが出来にくいことは、成形物からメヤニを取り除く後処理の仕事を省けることで、現場作業の効率アップに大きく貢献しています。更に、現場で使える製品、かつ引火性がなくて安全面で何の心配もない製品ということで、作業に従事するスタッフの集中力アップにも役立つ離型剤と言えるでしょう。
特に、売れ筋製品の増産対応に追われるなど、生産ノルマを果たさなければならないプレッシャーに悩むことが多い現場では、安心して使える離型剤を採用することが大切でしょう。