工場

パッキンやチューブのようなゴム製品の成型に使われる離型剤

大量のネジ

ゴム製品を成型する際に使う金型は、それ単体では原材料のゴムがくっついてしまうという問題があるため、綺麗に成形することが出来ません。そこで、金型に離型剤という薬剤を塗布して、金型内壁のすべりをよくするという処置がとられます。ゴム製品として、日常生活の中で目にする機会が多いパッキンやチューブ製品も、このようにして形造りしています。
離型剤にはいくつか種類があり、概ね、使用されている成分の違いで分類されています。主成分がフッ素コーティング剤のものをフッ素系離型剤と言いますが、これは、ゴムチューブやパッキンのように、細長くてちょっとの力で変形しやすいゴム製品を成型するのに最適です。
それは、一つには、強力な非粘着性のお陰で、金型から成形物を分離するのに強い力を要せず、チューブやパッキンの形を歪にするリスクが低いためです。
もう一つは、メヤニ生成を抑制できるという特長があり、金型から取り出した後のメヤニ処理が不要なためです。メヤニ処理においても、余計な力を入れて作業することで、パッキンやチューブを変形させたり、最悪、破損する可能性もあります。金型から成形物を取り出すところでも、その後の処理においても、ゴムチューブやパッキンに無駄な力を加える必要がないフッ素系離型剤は、綺麗な形造りのためにベストな選択肢と言えるでしょう。