工場

メヤニを出さずに綺麗な製品等を作るのに重要な離型剤

作業を行う男性

プラスチックの製品にはお洒落な形のものやユニークな形のものが沢山あり、ものによっては、デザインが好きで買い込んでしまう場合もあるでしょう。しかし、プラスチックという素材をこのような様々な形に整えるのは容易なことではなく、そこでは金型に加え、離型剤という特殊な薬剤が重要な役割を演じています。
金型は、型と名のつく通り、型取りをするのに使用する道具です。一方、離型剤は、その型から何かを離す薬剤ということになりますが、それはプラスチックの成形物です。素材としてのプラスチックは、そのままでは金型に粘着して成形後もなかなか金型から取り出せません。そこで、離型剤を塗布して金型表面の摩擦を極限まで減らし、軽い力で成形物と金型を分離できるようにするのです。
ただ、離型剤も、使う製品によってはメヤニが出来たり、離型剤それ自体が成形物に転移するなどして、後処理が面倒なものもあります。メヤニの除去や成形物の洗浄作業といった付加業務をしなくていいようにするには、フッ素コーティングの効果を応用したフッ素系離型剤を使うといいと言われています。フッ素系離型剤は、メヤニ生成を抑制するというユニークな特性がある上に、成形物に転写もしないため、現場ではとても使いやすいはずです。

作業現場で刷毛などを使って簡単に塗布できる離型剤がおすすめ

シリコンやゴムといった素材でモノづくりをしている人にとってはお馴染みの離型剤ですが、使いやすい離型剤の特徴とはどのようなものでしょうか。モノづくりでは、できるだけ少ない手数で完璧な製品が出来るにこしたことはないため、こうした観点でいろいろな離型剤について考えてみると、使いやすい離型剤の特徴も見えてくるでしょう。
例えば、離型効果が劣化してきたとき、いちいち外注して金型の再コーティングを依頼しなければならないとしたらどうでしょうか。現場作業の効率は著しく悪化するでしょう。永久に効果が劣化しない離型剤があれば理想的ですが、そのような製品はありません。従って、現場で簡単に追加塗布できるタイプの離型剤が便利ということになります。
フッ素コーティングの原理を生かしたフッ素系離型剤には、こうした製品があります。刷毛で塗布するものやスプレー噴射で離型剤を金型に塗布できる上に、室温でも短時間で乾燥します。また、フッ素系離型剤は、メヤニ生成を抑制するという特徴もあります。メヤニが出来なければ、メヤニを成形物から取り除く手間も省け、現場の生産性を一層向上させることができます。
現場で簡単に塗布できて、かつ、使用しても余計なものが成形物にくっつかないフッ素系離型剤は、成形作業の現場で最も求められている離型剤と言えるでしょう。

デリケートな製品に相応しい効果や特徴を備えた離型剤を選択しよう

シリコンやゴムを原材料として仕入れて新製品を作るなら、製品の特徴に相応しい離型剤の選択も重要です。例えば、最近人気の小型製品、薄型製品を作るなら、離型効果が非常に高く、金型から成形物を取り出すときにごく軽い力で済むタイプのものが適切でしょう。
そのような効果がある離型剤の代表ともいえるのが、フッ素コーティング剤を成分として使用しているフッ素系離型剤です。フッ素系離型剤は、更に、メヤニ生成を抑制できるという特徴も備えているため、壊れやすい製品を作る場合に特に適しています。
細長い製品を作っていて、離型剤を使ったお陰で、破損させずに金型から取り出せたところまでは良かったものの、メヤニが出来てしまったらどうでしょうか。よほど慎重にメヤニを取り除かないと、折角綺麗に形造ることが出来たのに、この段階で成形物を変形させたり破損したりしてしまうかもしれません。
フッ素系離型剤なら、離型剤に期待される基本的な効果である離型効果においても抜群ですし、扱う製品が小型、薄型、尖った形などのデリケートなものでも、それを壊すリスクを最小限にして成形作業が出来るという特徴があります。このような製品を作るなら、是非、フッ素系の離型剤を選択しましょう。